特徴を知った上で行なう蜂の巣の駆除|安全に業者が対応してくれる

特徴を知って安全に対応

ハチの巣

都市に多いハチの特徴

日本の都市部で見かけるハチは大きく分けるとスズメバチ、アシナガバチ、ハナバチに分かれます。このうちミツバチに代表されるハナバチの仲間は性格的におとなしいためよほどいじめたりしない限り、攻撃してくることはありません。スズメバチは大型のハチで、オオスズメバチは世界最大のハチとして知られています。スズメバチの仲間は攻撃性が強く、蜂の巣に近づいただけでも襲ってきます。特に8月から10月の活動期には注意が必要です。スズメバチの蜂の巣はボールのように丸く、どんどん大きくなるため駆除は早くする必要があります。アシナガバチはスズメバチに比べると攻撃性は少なく、毒も弱いですが、都市部に多いのでハチに刺された被害件数としては最も多くなっています。スズメバチの蜂の巣はグレーの色で、六角形の部屋がむき出しになっているのが特徴です。蜂の巣のサイズもスズメバチよりも小さいことが多くなっています。

迷ったら専門家に

蜂の巣がまだできたばかりで、ごく小さい場合には駆除スプレーを使うことで自分で駆除することも可能です。蜂の巣が成長してきて危険を感じたり、どうしようか迷った場合には専門の駆除業者に迷わず任せるようにしてください。自宅にできた蜂の巣の駆除は自分で行わなければなりませんが、公園などの公共施設や他人の家の蜂の巣の場合には、まずは役所や役場といった行政機関に相談してみることをお勧めします。公共施設であれば行政機関が自ら駆除を行い、そうでない場合でも業者を紹介してくれたり、仲介してくれたりといった指導をしてくれることが多くなっています。市町村によっては、蜂の巣の駆除にかかった料金を補助してくれるところもあります。

害虫を退治するためには

木材

害虫であるシロアリ駆除をするためには、業者にお願いするにしても自己処理するにしても、殺虫剤を使うと良いでしょう。殺虫剤の種類は豊富で、エアゾール剤や液剤だけでなく、粒状の殺虫剤などもあります。時と場合によって使い分けると良いでしょう。

More Detail

安全に取り除くために

蜂の巣

人が出入りする場所にアシナガバチの巣が作られた場合には、取り除くことが必要となります。日没後に駆除用スプレーを噴霧しながら取り除くと安全です。冬には自然に死滅するので、駆除する必要はありません。しかし翌年に同じ場所に巣が作られるため、駆除用スプレーの定期使用で匂いをしみ込ませておくことが大事です。

More Detail

業者の利用とメリット

はと

害虫や害獣を駆除する商品は、ホームセンターやインターネットでも購入することができます。しかし、根本的な解決を望むのであれば、専門知識の豊富な駆除業者へ依頼すると安心です。鳩の駆除を行う業者では、禁避剤やワイヤーを用いた方法で対応してくれます。鳩は、禁避剤などの異物が羽につくことを嫌う習性があります。

More Detail